もし、あなたの結婚相手が不倫をしてい

もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、被害予算を配偶者とその相手に対して請求できます。

 

しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、家庭内で別居している状態であったり、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、被害予算を請求することができません。

 

 

 

被害予算は、どの程度精神的に傷ついたか、あなたの年齢、結婚歴等いろいろな事を鑑みて裁判所に委ねることとなります。
日々の生活の中で、相手の行動を観察するのはだれにも頼まずにできることですが、不倫を決定づけるような動かぬ証拠を押さえるのには、その道のプロとして技術をもつ総合ガルエージェンシーに頼んだ方がエラーありません。
そして、総合ガルエージェンシーに頼むという事は、単に、不倫の証拠を入手するだけではなく、いろいろ貴重な助言を貰えるというのも見逃せないメリットです。

 

不貞の被害予算の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもあるでしょうし、400万円くらいのケースもあります。

 

 

実は、離婚しなくても被害予算の請求はできますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。それに、不倫した相手が浮気を否定するケースでは証拠が必要となります。第三者からみてもはっきりとした浮気の証拠が必要です。

 

 

GPSが繋がるものを使って、行きつけの場所の情報を探して、張り込んでいると、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、その実態を掌握するのは可能です。

 

予算のご準備が十分ではないときには、GPS端末で立ち寄る場所を調査するのも、いろんなやり方の選択肢の一つです。

 

GPS装置がつけられていることが知られてしまう事があります。

 

 

あなたが浮気のリサーチをしなくてはならない時がきたら、何人のリサーチ員が必要なのかというと、リサーチによって一定とは限りませんが、2人でリサーチすることが多いようです。ただ、まだ浮気の疑いがあるというレベルの場合には、調査員が1人で不倫をしているかの確認をすることが多くなります。
不倫をしている証拠をつかんだら、再度計画をたてて浮気の証拠を掴むための調査を行う人数などの調査方針を決めることになります。