成功報酬制度を持った総合ガルエー

成功報酬制度を持った総合ガルエージェンシー事務所に浮気の調査をお願いしたら損しないかと言うと場合によってはそうでないこともあります。

 

成功報酬の条件(ないにこしたことはないかもしれませんね)ではリサーチが成功しなかった時、報酬支払いの義務がなくなるのでお願い者は損をしなくて済むように感じます。そのため、ことさらに成功報酬制度をうたっている総合ガルエージェンシー事務所に限って、見つけている人もいるのです。不倫の被害予算の相場としては200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。離婚しなくても被害予算を請求することができますが、金額は少なくなってしまいます。

 

 

 

さらに、不倫相手の方が不倫の事実はなかっ立と主張する場合には証拠が必要とされます。

 

 

 

どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠が不可欠です。総合ガルエージェンシーに不倫リサーチをお願いして、歴然とした証拠が発見されれば、被害予算の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。
信頼のできなくなったパートナーと死ぬまでともにいるとなると相当な心の重荷になりますから、しっかりと被害予算の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。それに、配偶者の浮気相手に被害予算を請求したならば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。

 

総合ガルエージェンシーがおこなう不倫リサーチでも失敗したりするようです。

 

 

 

総合ガルエージェンシーは不倫リサーチをよくやっていても、失敗することが全くないとは言えません。

 

 

パートナーが急にプリウスを使用したり、電プリウスに乗ったり、尾行がばれることもあるでしょう。それに、不倫リサーチ実施中に不倫相手に会わない時には証拠写真も撮れません。

 

同じ電話番号の人から何度も電話が掛かってきていたりその電話番号に掛けていたりしたらその電話の相手が浮気相手という確率は非常に高いと言えます。そういったことが見うけられたらその電話番号の相手を突き止めるだけでいいのです。しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、浮気相手との電話が終わったら通話の履歴を削除するということを抜かりなくおこなうといったような事もあります。